広まる水泳民間委託。教師が教えなくてどうします!?

広まる民間委託。「質の高い水泳授業を将来にわたって持続的に実施できる」とその意義を強調する指導主事もいますが、スイミングのインストラクターに授業をやってもらって、恥ずかしいとは思わないのでしょうか?

こちらは学校体育研究同会大阪支部のページです。
体育の研究・実践を発信すると共に、会員の交流の場になればと考えています。

<主張>
プールが老朽化して水泳民間委託が進むのは仕方ないにしても、授業をスイミングに丸投げしているのはどうか?それを好意的に受けとめる教師もいるようだ。「質の高い水泳授業を将来にわたって持続的に実施できる」と太鼓判を押す指導主事さえいる。これを働き方改革とでも言うのだろうか?塾の先生が学校に来て算数を教えて、それを歓迎するのだろうか?
・・・と思っていたら、千葉では塾の講師が学校で算数の授業をするようになった。そこの学校の先生は恥ずかしいとは思わないのだろうか?子どもが「塾の先生は学校の先生と違って・・・」と好意的に話しているのがとても気になった。


2024年 大阪支部活動
<2月>
18日(日) 第3回全国大会実行委員会 14:00~16:00 /ほっとすてんしょん
20日(火) 学習会 19:30~21:00 /マキシム十三
22日(木) 常任会議 19:00~21:00 /オンライン
29日(木) 幼児の運動遊びP 19:00~21:00 /オンライン

<3月>
1日(金) 常任会議 19:00~21:00 /ほっとすてんしょん
2日(土) 北河内ブロック例会「支援学級でできるスポーツ実技」10:00~12:00
     /枚方市・西牧野小
23日(土) 五役会議&資料整理 13:00~15:00 /若江岩田黒井邸
24日(日) 泉州ブロック例会「学級づくり」 10:00~ /岸和田市・旭小
31日(日) 奈良ブロック例会「北門先生が語る!!子どもと歩んだ38年」14:00~16:30
    /奈良女性センター

MENU
PAGE TOP