【ターザンの影】2021.09.21

ターザンの影という新聞の切り抜きを中川(孝)さんからいただいたのは随分前の事でした。これは、茨木中学(現茨木高校)に来日したワイズミュラーが来たという一枚の写真に記者が疑問を持つことから取材が始まります。その一連の取材連載記事です。クロールの発展史を語る上で欠かせないのがワイズミュラー(米)です。彼の泳ぎこそクロールの完成とされており、クロールが日本に根付く契機となります。(大正年間、国際大会では日本泳法が悉く負けてしまい、クロールを積極的に取り入れようとします。このあたりのことは不人気だったNHK大河ドラマ「いだてん」に詳しい。)ワイズミュラーは1924年パリ大会、28年アムステルダム大会で5個の金を獲得しています。選手引退後は、映画「ターザン」で有名俳優になります。昭和の子どもなら誰もが「アーアアー」と叫んだ経験はあるでしょう。そう思って、ターザンをネタにクロールの話をしても今の若い人たちには通じません。隔世の感があります。

走ることのうんちく 位置について、用意
人はなんのために走るのか? 本当にハンマーを投げていた
走り幅跳びのうんちく 組立体操の歴史
走り高跳びのうんちく その① 走り高跳びのうんちく  その②
ドル平はこんな泳ぎ 水の科学
クロールのうんちく 日本泳法について
岩倉流水練学校 水泳指導が能力別であるわけ 日本泳法大会
水泳ではなぜバタ足をするのか? ターザンの影(2014年毎日新聞連載)
跳び箱のルーツ 跳び箱の元祖は馬
踏み切り板 なぜ鉄棒と言うのか
平均台のうんちく その① 平均台のうんちく その②
フットボールのうんちく ラグビー校で生まれたラグビー
サッカーとラグビーの分かれ目 ラグビーボールはなぜ楕円形か?
テニスのうんちく① テニスの始まり テニスのうんちく② ジュ・ドゥ・ポーム
テニスのうんちく③ テニスコートの誓い テニスのうんちく④ テニスのポイント
テニスのうんちく⑤ テニスラケット ドッジボールのうんちく
バスケットゴールの移り変わり ハンドボールのうんちく
つなひきのうんちく 剣道のかけ声について
腰折田 相撲博物館からの手紙
体をだいじにしてるかい? トーナメント
古代オリンピックのうんちく